NGP→PlayStationVITA 価格も決定

ちょうど休みだったので昨夜からE3関連生中継ばかり見てました。
マイクロソフトは結局キネクト推しばかりでイマイチでしたね。
最後にヘイロー4を発表しましたが自分はあまり興味がないのでスルーです。
ギアーズ3くらいかなぁ…。

本日午前9時から始まったソニーカンファレンスでついにNGPの詳細が発表されましたね。
3DSよりも期待していただけに嬉しい限りです。
正式名称はPlayStationVITA(プレイステーションヴィータ)

PlayStation Vitaの主なスペック
 型番:PCH-1000 series
 発売日:2011年末
 サイズ:約182(W)×83.5(D)×18.6(H)mm(※予定,突起部除く。PSP-3000は同169.4(W)×71.4(D)×18.6(H)mm)
 重量:未公開(※PSP-3000は約189g)
 CPU:ARM「Cortex-A9」(クアッドコア構成)
 GPU:Imagination Technologies「SGX543MP4+」
 メインメモリ容量:未公開
 ディスプレイ:5インチ,16:9ワイド有機EL,静電容量マルチタッチパッド(※PSP-3000は4.3インチ,16:9ワイドスクリーンTFT液晶)
 ディスプレイ解像度:900×544ドット(※PSP-3000は480×272ドット)
 ディスプレイ色数:約1677万色(※PSP-3000は1677万色)
 操作系:方向キー,左アナログスティック,右アナログスティック,背面静電容量マルチタッチパッド
 ボタン:アクションボタン([△/○/×/□]ボタン),[L][R]ボタン,[START][SELECT][PS]ボタン,電源ボタン,音量プラスボタン,音量マイナスボタン
 スピーカー:2chステレオ
 カメラ:前面×1,背面×1
 センサー:6軸検出システム(3軸ジャイロ・3軸加速度),3軸電子コンパス,GPS(※3G&Wi-Fiモデルのみ。Wi-Fiロケーションサービス対応)
 無線通信機能:3G(※3G&WiFi両対応モデルのみ),IEEE 802.11g/n準拠(インフラストラクチャ,アドホック両対応),Bluetooth 2.1+EDR準拠(A2DP/AVRCP/HSP対応)
 入出力インタフェース:PlayStation Vitaカードスロット,メモリカードスロット,SIMカードスロット(※3G&WiFiモデルのみ),マルチユース端子(USBデータ通信,本体電源入力,ステレオ音声出力&モノラル音声入力,シリアル入出力兼用),ヘッドフォン&マイク端子(※ステレオミニ),アクセサリ端子
 電源:リチウムイオンバッテリーパック(※本体内蔵)
 アクセスコントロール:未公開
 同梱品:未公開
 対応サウンドコーデック:MP3,MP4(MPEG-4 AAC),WAVE(リニアPCM)
 対応ビデオコーデック:MPEG-4 Simple Profile(AAC),H.264/MPEG-4 AVC Hi/Main/Baseline Profile(AAC)
 対応画像フォーマット:JPEG(Exif 2.2.1),TIFF,BMP,GIF,PNG

メモリが非公開なのが気になりますが高性能ですねぇ。
気になるお値段ですが、
●メーカー希望小売価格
Wi-Fiモデル: 24,980円(税込)/249USドル/249ユーロ
3G/Wi-Fiモデル: 29,980円(税込)/299USドル/299ユーロ
予想以上に安く設定してきました、ユーザーとしてはありがたい…。
メモリ非公開なので本来搭載予定だったスペックより低くなる可能性もあるでしょうね…。
過去に何度も犯してますからね、ソニーは。

もっと詳しい記事や写真は4Gamerさんの記事へ→こちら

自分としては高性能になったことより右スティックが追加されたことだけで大満足なんです。
ちなみに自分はWi-Fi版を買おうかと思っています。
携帯ゲーム機とはいえ、自分は室内でのプレイがメインになるので3G版にする利点が今のところないので。
電車移動がメインな地域だったら良いかもしれないんですがねぇ。
何はともあれ楽しみです。

ミスターロンチことリッジレーサーはやはり開発をしているみたいですね。
安定のリッジレーサー。


ま、そんな1日。
[PR]

by slove_taka | 2011-06-07 13:39 | Game etc. | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード