格ゲー

格ゲーと言えばストリートファイター。
幼き時代から慣れ親しんだ格ゲーと言っても過言ではないシリーズです。
格闘ゲームの火付け役ですからね。



昔は今ほど勝つためにやり込む!という意気込みではなく、友人とのコミュニケーションツールでした。
リアルファイトに発展する時もありましたが、とにかく楽しかったんですよね。
カプコンに限らずSNKセガナムコと業界全体で盛り上がっていた時期なので、とにかくみんなプレイしていました。

そこまでハマっていた格ゲーから数年離れ、別のジャンルへ移行したにも関わらず
今また一番プレイしているゲームが格ゲーという不思議な事実。

流れで言えば

ストリートファイターが流行り、他のメーカーからも格ゲーが出て業界全体で流行る

マンネリ化し始める

音ゲーが流行り、他のメーカーからも次々と音ゲーが出る

マンネリ化し始める

ROにハマる

マンネリ化しh(ry

モンハンにハマり、協力プレイが出来るゲームに興味が行く

その間にストリートファイターIVが出るものの、以前ほどハマらず

やっとPS3を手に入れネットワークを介したゲームをプレイし始める

スト4シリーズの最新版が新品なのに安く発売され、数年ぶりに格ゲーに復帰

他の格ゲーにも手を出し始める

大雑把だとこんな感じ。





当時大きな盛り上がりを見せていた格ゲーですが、自分が中学かそこらの時代に音ゲーが流行り始めたんですね。
自分も例外なくハマりまして…その辺りで一度格ゲーから遠退きました。
音ゲーが斬新で面白かった!というのも事実ですが、格ゲーが丁度マンネリ化していた時期でもあったので必然だった気がします。
もちろん完全に離れていたわけではなく、ゲーセンに行き新作が出ていてれば一度は必ず触るくらいはしていましたが対戦にお金を注ぎ込む勢いはなくなっていましたね。
友人たちもそれぞれ音ゲーに移行していたので対戦相手がいなくなったというのも原因の1つです。

ストリートファイターIIシリーズも終わり、ZEROシリーズも終わり、気が付けばストリートファイターIIIシリーズが始まっていました。
そのIIIシリーズですら3作も出ていたなんて話は後々知ったくらいです。
今でも驚かされる滑らかなドット絵に当時見惚れてはいましたが、自分の知っているキャラがあまりにも少ない為にプレイせずに旬が過ぎたのは今でもハッキリ憶えています。
せめて家庭用で触りたいとも思っていましたが、当時の次世代機であるDreamcastでしか発売されておらずSEGA SATURNPlayStationしか持っていなかった自分には遠い存在となっていました。
VSシリーズマーブルvsストリートファイターまでは購入していましたが、次作のマーブルvsカプコンDreamcastへの移植のみだったのでそちらも自然と離れることに…。
その後は続編が出ることもなく、長い間沈黙していました。
(その間にアークシステムワークスGUILTY GEARシリーズが流行ったことがありましたが、そちらはまた別のお話。)

格ゲーから離れ、音ゲーからも離れ、今度はMMOであるRagnarok Onlineにハマっていました…昼夜仕事以外の出来る限りの時間を全て注ぎ込んでいた恐るべき時代…。
そのRO末期に今度はMONSTER HUNTERシリーズへ…そう、またカプコンの奴がやりやがったわけです。
それがきっかけでカプコンに対してまた興味がわき、調べている内に出てきたのが…IIIシリーズから約10年ほど空けて急に復活してきたストリートファイターIVシリーズの発表です。
しかし、この時点では次世代機も持っておらず、家に友人を招いてゲーム三昧という生活もほぼ無くなりかけている時期だったのでスルーです。

しばらくしてPS3を手に入れ、ネットワークを介したゲームを主にプレイするようになります。
そんな時にストリートファイター4シリーズの最新作が激安価格で発売されたのです。
それがきっかけで格ゲーに復帰し、次々と興味がわき色々な格ゲーに手を出し始めます。
すると周りの人も復帰し始めたんですよね…。
そりゃハマるわけです。

家に招いて対戦するというスタイルは無くなりましたが、最近の格ゲーはほぼネットワーク対戦が標準で搭載されているので相手に困らなくなったわけです。
光回線が主流になってきた時代ということもあり、Skypeのようなボイスチャットが標準化してきたのも盛り上がる原因の1つだと思います。
ネットワーク対戦が可能でもボイスチャットが有ると無いとでは盛り上がり方が違います。

ココ数年、急激に家庭用格闘ゲームが増えてきたという事実もあります。
カプコンはストリートファイターを、ナムコ(現バンナム)は鉄拳を、セガはバーチャファイターを、アークシステムワークスはギルティギアとブレイブルーを、テクモ(現在コーエーテクモ)はDEAD OR ALIVEを、渡辺製作所(現フランスパン)はアンダーナイトインヴァースを…。
そしてそれら全てネットワーク対戦が完備と…凄い時代です。
(代わりにゲーセンで100円を犠牲にして対戦するというモチベーションが下げられるという副作用が働いていますが、これもまた別のお話。)

学生時代にゲーセンで格ゲーにハマったいたが今では社会人になり、ゲーセンには行くものの友人との時間がなかなか取れず結局はやらず仕舞い…そんな世代にうってつけの時代が到来してるわけです。
実際格ゲー人口は学生さんより多い気がします。
おっさんバンザイ!
最新作のストリートファイターシリーズ、ウルトラストリートファイターIVに限ってはyoutubeに対戦動画をアップできる機能まで付く始末。

ギルティギアの最新作も今年発売予定です。
当時一緒にハマっていた人たちと今こそ復帰戦がしたいですね…どうですか!?
三十路手前になっても僕は一生ゲーマーです。
連絡いつでも待ってますぜ!



ま、そんな1日。
[PR]

by slove_taka | 2014-06-17 18:31 | Game etc. | Comments(3)

Commented by Yuna at 2014-06-18 01:06 x
うちが働いてたゲーセンに
バーチャの全国的にも有名な人がいたの思い出した。

プレイヤー名がそのままステップの名前になってる人だったなぁ
Commented by slove_taka at 2014-06-24 16:37
>ゆなさま
 バーチャは結局続編が全く来ませんなあ
DOA5やれってことか
Commented by Yuna at 2014-06-24 18:10 x
セガはダブルBBに力入れたいんじゃない?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード